過ぎたは及ばざるごとし

★下関ヨガ(一般の部&親子ヨガも含む)スケジュールはこちら
★講師はどんな人?!こちら 
★体験者さんの声はこちら
問い合わせ先はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ヨガワークショップ】
☆2015/02/11(祝)
ヨガを深める その3 残り3名
☆2015/2/12(木) 13:30-15:00 満員御礼
☆2015/2/26(木) 13:30-15:00 満員御礼
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
d0157497_01172241.jpg
「過ぎたるば及ばざるごとし」
これは学生時代から私の座右の銘です。
何かをし過ぎればこの言葉がでてくる。
d0157497_01191810.jpg
意味は、「何事も程々が肝心で、やり過ぎることは足りないことと同じように、良いこととは言えない。良いとされることでも、やりすぎれば害になるということ。」
d0157497_01240764.jpg
いいと自分がするものに、周りが見えないほど夢中になる時期はもちろん必要。取得するには近道ではないかと私は考えてしまう。
ただ何かの違和感にふと気付いたら、やはりそれは信号。周りの人の声(特に家族)。時間。金銭的な面。心の奥に感ずるもの。何かしらでお知らせがくる。
d0157497_10522596.jpg
追求すると達成感はあるものの、満たされる感覚とはまた違うものが存在している。
一見同じように感じるけれど、これが少々そことは違う気がする。
追求とは終わりなく続く。
満たされるとはその瞬間に生きているように思う。両者も必要。このバランスがとても難しい。(^^;;

d0157497_10521470.jpg
自分の思う視野ではなくて、自分のコンディションや、家族のコンディションや声、時間や周りの環境全体を通してみれるとき感じれれるようになった時。
ふと、自分の居心地いい立ち位置がわかり出す。そして夢中になっていた。もしくは依存していた自分に気づく。=過ぎたとき。
d0157497_10584832.jpg
昔からこの傾向が強いから、この言葉がわたしの座右の銘なのだと感じる。
食べ物でも、事柄でも。人でも。仕事でも。プライベートでも。いろんな面で出てくる。バランスを保つ。それはとても繊細な部分なのかなぁ。私にはまだまだ難しい。














[PR]
by yogabakana | 2015-02-09 10:41 | つぶやき編♪ | Comments(0)
<< ウィズザスタイル de ランチ 今日のお勉強 >>