ホッとする時間とは

★下関ヨガ(一般の部&親子ヨガも含む)スケジュールはこちら
★講師はどんな人?!こちら 
★体験者さんの声はこちら
問い合わせ先はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆2015/2/12(木) 13:30-15:00 満員御礼
☆2015/2/26(木) 13:30-15:00 満員御礼
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
d0157497_14064194.jpg
今朝のクラスで、こんなシェアがありました。
「ここに来ると普段言えないこと。『出来ない』が言えます。普段ピリピリしているのに、ここでは、落ち着いているというかホッとしているというか。。。」といったシェアがありました。ありがとうございます。
d0157497_14140598.jpg
嬉しいシェアでした。参加者が皆そうではないとは思います。体験はそれぞれで、自分が感じたり気づいたことこそ、今大切にして欲しいこと。^ ^
ただ彼女のシェアを取り上げさせてもらったのは、私も受講者の際、ホッとする場所に身を置けると、とても穏やかで平和的な気持ちになれます。それは静かな感動です。だから「そういったクラスに出来たらなぁっ」という私がクラスをする際のテーマ(意図)があるからです。

安心出来る場所は、安全な場所とまた違う空間。大前提に物理的な面で安全がまずあった上で、心が安らぐ時間があるというのは、とても居心地がいいと思う。
d0157497_14145427.jpg
心が安らぐとは「羽を休める時間」そして、そこから「羽を広げる準備の時間」。
みなさんも経験があると思いますが、赤ちゃんがお母さんに抱えられて安心して眠っている時。子供時代守られていると安心できた時。
大人になって心を許せる人が出来た時。
もしくは、芝生にゴロンと寝転んでみると忘れていた何かを思い出すかもしれません。
d0157497_14110357.jpg
海のざぁぁぁて音が心地よかったり。自然は安心も提供してくれるような気がします。(もちろん時に厳しい面も見せますが。)

そうすると、極端に前向きになる必要も、落ち込む必要もなくなる。ニュートラルな場所へ戻るから、次へ足を進められる。「羽ばたく」
前のめりにも後ろのめりもなっていないから、どこへでも足が運びやすい。
d0157497_14290244.jpg
参加者が1人でも多く、そんな時間を体験出来るようにただただ私は、勤しみたいと思っています。2つ前の記事に書いたように、バランスよく。過ぎないように気をつけながら。笑

そして皆さんにお願いが!
私が何かをし過ぎてたら、どうかブレーキをおかけください。ニュートラルに戻れるよう努めたいと思います。
















by yogabakana | 2015-02-10 14:06 | YOGAのお話♪ | Comments(0)
<< ワークショップ終了♩ ウィズザスタイル de ランチ >>