1日中ヨガのガイドをした感想。

★下関ヨガ(一般の部&親子ヨガも含む)スケジュールはこちら
★講師はどんな人?!こちら 
★体験者さんの声はこちら
問い合わせ先はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ボディーコンディショニング】
☆2015/4/23(木) 13:30-15:00 残り1名
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【ヨガイベント&WS】詳細後日UP
4/30☆お外deYOGA in川棚クスの森 満員御礼!
5/12☆お寺コラボイベント in下関駅周辺 無料
ーーーーーーーーーーーーーーーー
d0157497_06432993.jpg
おはようございます。昨日は週1度のヨガ活動日でした。私の下関活動日は木曜日のみになり3週間目。ヨガ仲間からは「かなちゃん出稼ぎのように1日詰めてるね〜」と笑われました。本当にそのごとくです。笑
朝、昼、夕、夜 まぁ、よくやるものだと我ながら思います。

昨日は昼と夕方クラスの間に「気学が学びたい」ってリクエストをいただいたので、Yさんと1:1でお勉強もしました。なので、昨日は本当の意味でフル回転!
クラス→移動→クラス→移動.... 笑

さすがに前日は「明日は気を引き締めねばっ」と思ってましたが、終わってみれば下関市から福岡市へ帰る道なりは、「とにかく楽しい1日だったなぁ」って浸って帰れました。
同時に、「有難い有難い。」って、おばあちゃんみたいに神様に手を合わせたくなりました。持っているのはハンドルだったので、手は合わせられませんでしたが。笑

だけど、「楽しい」という表現が適切でないような気もします。
なんだろう?!「調和の中に身を置けたので、心が優しい気持ちに。温かい気持ちになれた。だから心が満たされた。」
うん。この表現の方がしっくり来ます。

身体が整っていくと、“癒し”が、空間に生まれるように感じます。その中に、私も溶け込んでいくような。。。(なんとも曖昧な表現ですね。)

ですが最近のアプローチは、解剖学や生理学が入った理論が、盛りっと入っているんです。
なのに、それと対照的な「ふわわわわわわぁ〜」って、あの包み込まれるようなクラスの雰囲気が同時に存在していきます。
だから、とっても不思議なんです。
(昔は感覚だけでクラス展開していたけれど、その時代よりも、より心地よく感じます。)

そしてそれを、私だけが感じているとは思えないんです。(また長年通っている人に、インタビューしてみたいも思います。(^○^))

理由その①、ヨガ前後で、参加者さんの表情が緩んだ人が増えられてるように思えること。
その②、昨日の夜クラスのような流れができると、最後に目を閉じて座るんですが、終わりの挨拶をしても、すぐにその場から立ち上がらず浸っている人が増えるからです。

なぜふっと気が付くとかっていうと、理論を話しているから口数が多いので、夢中になっている。そしてその口を閉じた時に、ふとクラスの雰囲気が変わっていることに気づくのです。笑
(これがインストラクターとして、ヨガティーチャーとして適切かどうかは分からないのです。)

昨日の夜クラスで、始まる前「あ。今日のこのクラスの雰囲気は、何かいつもと違う調和が生まれそうだなぁ。」と直感のようなものが降りてきました。

あれは長年していて不思議なんですが、そうゆう時は“始まる前から”、流れが起きているように思います。
クラスの雰囲気は温かいのだけれど、メリハリがあって、スゥーーーと真=軸のようなものが1人1人に生まれていくので、クラス全体が集中力が高まった感じになる。そうすると、とても居心地よい空間が生まれていくんですね。
そうゆう波がクラスに出来ると、私のガイドは私が誘導しているにも変わらず、何かに動かされたように今振り返ると思えるんです。

その誘導はスムーズでいて、理にかなっていて、全てが整っていく。理論が先なのに、気持ちが良くなるのでふわふわ緩々していくんです。うーむ。雰囲気や感覚を文書で表現するのは、とても難しいですが。少しで伝わると嬉しいなぁ。あのクラスにいた人で、そう感じた人いたら、良かったらフィードバックください。違う意見も貰えるとすごくすごく嬉しいです!(^o^)

そして、いつでもどこでも、そうだったらいいのに、そうでは残念ながらありません。
だから面白いわけです♩♩
私だけのコンディションやガイドでは、どうしようもないものがあるからです。環境、天候、参加者のコンディション、その日の参加者の雰囲気。ね。生き物でしょ?!

その週のプログラムは、テーマを持っていくので各クラス内容は、ほぼ同じなんですが、さっき言ったように、参加者の顔ぶれ、ニーズ、雰囲気によって流れは変わります。(たまに朝夜どちらも参加される方は気づかれてるかもしれません。)あ。昨日2講座参加された方に、ちょっと聞いてみたいなぁ。

たぶん1日通してごそっとクラスをするからこそ、その違いを比較しやすく、面白さを感じるって利点もあるかと思います。
一つ一つの講座は「生き物」そのものです。
クラスは同じプログラムがベースですが、やっていると、それぞれのカラーが出ていく。
(これは何かの講座をやったとがある人=講師や先生なら、どんな分野でも感じたことがあると思います。)

これが1日中やっていても、私が飽きない理由なのではないかと思います。それとも私はやはりヨガバカなだけかもしれません。

考えてみれば今月から週1のお仕事に変わって、「そしたらその残り何しているか?」っていったら、ヨガ受講だったり、練習したり、勉強したことをまとめたり、ブログ書いたりホームページ作ったり、フライヤー作ったりしています。
それかヨガ仲間とカフェいったり、ランチしたりしてまたヨガや、身体の話や体験の気づきについて話たり。。。(^^;;
ヨガバカっていうかヨガのアホみたい?!クククク。
でもそんな自分が今のところは居心地がよいんです。
仕事を減らしてもやっていることが、以前と変わりません。だけどその分、主婦の仕事=家事を以前よりまともにしようって意識が芽生えていることも事実です。
まだそのあたりの、メリハリつけてとか、効率については模索中です。(^^;;主婦業長い方、ちょぃと何かコツを教えてください。ぜひ!

何度か話が逸れてきたので、昨日のヨガクラスの話に戻します。

昨日のシェアで、ある方がこんなことを話してくれました。
「昨日はすごく嫌なことがあってしんどかったんです。『だけど明日はヨガがあるから大丈夫。』って思えるようになりました。ヨガに行くことは、私にとって、精神的な面でリセットのようになっているんです。週一回リセット出来る時間です。今日も随分心の状態が良くなりました。ヨガを始める以前より、今の方がとてもいいリズムが作れるようになった気がします。」というシェアを頂きました。

身体からのアプローチなのに、心へ移行していく。これがヨガのとても面白いことだなぁって改めて感じます。

昨日は沢山の方の感想を頂いて、帰りの車で振り返りながら染み染みしていたんですが、印象に残ったものをここに載せて、しめたいと思います。



長くなりました。
ご一読、ありがとうございます。




佳奈




[PR]
by yogabakana | 2015-04-17 06:41 | YOGAのお話♪ | Comments(0)
<< ランチにクリスタルボールと布ナプキン 2015年春の酵素作りに挑戦!... >>