「アミ 小さな宇宙人」を読んで

○ヨガ(ボディーコンディショニング)スケジュールはこちら
○クラス内容はこちら (HP)
○講師はどんな人?こちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
d0157497_23454920.jpeg
ある日「アナスタシア」というか本が大好きだと話したら、何人かの人がそれなら
「アミも読んだらいい。」と声を揃えてオススメしてもらった。アミは3巻まで出ている。
d0157497_23520230.jpeg
愛について、子供のおとぎ話として描かれている設定だけれど、愛と魂の本質を描いている
この本が大好きになった。

アナスタシアも引っ張りだして読み直した。
根源は同じ。
だけれども2つの本が違う角度で
表現されていたから
より理解しやすくなった。


「アナスタシア」を読んだ衝撃は、
「アミ」の幾つかの部分で受けたインスピレーションにとてもよく似ていた。

心の奥から震える感動と
確信のようなものを静かに感じた。


小説で感動して泣くことと違う
何かが違う。

どちらの本もすごくピュアであったかい本です。
スルスル読める!
アミは、とくに子供さんにも読めると思います。

peacefulで、私たちがどう生きていくとシンプルであり満たされるかを教えてくれるなぁって
そう思います。

ぜひ1人でも多くの人に読んで欲しいです。








[PR]
by yogabakana | 2016-08-13 23:43 | つぶやき編♪ | Comments(0)
<< 盆踊り 〜田舎嫁の生活〜 「期待」の奥にあったもの >>