2018年 05月 20日 ( 1 )

過剰なアドバイスを受けて疲れる理由

d0157497_08135649.jpeg
メールマガジンでは一回触れたことがあるんだけど
アドバイスについて今日は書きたくなった。


というのも
最近過剰なアドバイスというか
おススメ?!をされたことがあったの。
それがややtoo muchで
わたし、疲れてしまった。
(ごめんね。その人たちはそんなつもりはないのは分かるんだけど。)



それは
まずわたしのニーズとズレがあったから。
そして
ニーズとマッチしたアドバイスでは
なかったからなのね。


話題から「へぇ?そうなんですかぁ。」
と返事をしたに過ぎなかったんだけど
たぶん
「あ。知らないんだ。」
もしくは
「興味もったんだぁ。」と思われ
そこから10割の情報が入ってきた。笑笑


しかも
2:1だったのもあり
ちょっとそれで
かなり疲弊した。



ただこれって
私がやりがちかもなって思った。


逆の立場になって
ようやく分かることなんだよね。



アドバイスもとっても役に立つ!
ありがとう!って思うこともあるの。

それは
「教えて欲しい。」
「その話聞きたい。」って私にニーズがあるときは逆に感謝が、生まれる。


だけど
はっきり言われてもないのに
アドバイスしちゃったり
情報ガーーーッて言っちゃうと
相手はかなり疲れるんだなぁって
思った。


ちなみに
人のこと言ってるけど
昔の私は
もっともっと酷かった!!!

何より
“アドバイスは相手のためを想って言っている”と信じていたから。



でも、それって違ったの!
逆なの。

すぎるアドバイスは
相手を信頼してないの。


その人の可能性とか自立心とか
人間力を!!!


だからアドバイスして
相手のエネルギーを逆に奪う。


そうゆうとき
アドバイスする側は
相手は
「私が言ったことを、ぜんっぜん
分かっていないなぁ。」とガッカリする。

もしくは
言い逃げして、スッキリするかどっちか。笑笑




そしてそれを受けた相手は
疲弊し(エネルギーめっちゃ吸収されるからね。)相手と繋がれた感じが持たず
悶々とする。



これは
感情のマトリックスでよく分かるので
興味持った人は
「ユダヤ人大富豪の教え 〜ふたたびアメリカ編〜」読んでみて!



私が説明する
断然分かりやすいので。







プロフィールはこちら

LINE@登録
【登録者には、公開しない情報を届けることもあります。】
ご登録はこちら





by yogabakana | 2018-05-20 23:28 | つぶやき編♪ | Comments(0)

クリパルヨガティーチャーです。ただ今育児を通して自分の「しなければならない」を外してます。


by yogabakanan
プロフィールを見る
通知を受け取る